Raspberry Piのログインを簡単にする設定(自動ログイン、デスクトップ表示)

Raspberry PiにOS「Raspbian」をインストールすると、
デフォルトでは黒い背景にテキストが表示されているコンソール画面で
ログインIDとパスワードを求められ、パスが通った後には「startx」のコマンドを打つことによって
はじめてデスクトップ画面が表示されます。

でも、検証中に毎回その手順をふむのはめんどくさいな。。。(´・ω・`)
ということで、パスの入力をはぶく自動ログイン設定と、起動時の表示をデスクトップ画面にするように設定しました。

この設定をすることで、起動したらすぐにRaspberryPiにさわることができます!らくちん!


自動ログイン設定

LXTerminal1を起動し、以下のように入力します。

$ sudo nano /etc/inittab

nanoが開くので、以下の行を、行頭に#をつけてコメントアウトさせます。

#1:2345:respawn:/sbin/getty 38400 tty1

次に、以下の行を書き込みます。

1:2345:respawn:/bin/login -f ユーザー名 tty1 </dev/tty1>/dev/tty1 2>&1

ctrl+Xで保存し、RaspberryPiを再起動させると、自動ログインするようになります。

ですが、これだけだとまだ、startxのコマンドを打つ必要があります!
次の設定も一緒にしてしまいましょう。

起動時の表示をデスクトップ画面に設定

LXTerminalを起動し、以下のように入力し「raspi-config」を開きます。

$ sudo raspi-config

次の画面が開くので、「3 Enable Boot to DeskTop/Scratch」を選択します。
Alt text

次の画面が開くので、「DeskTop Log in・・・」を選択します。
Alt text    

RaspberryPiを再起動すると、自動でデスクトップ画面が表示するようになります。


設定は以上です(^^)/

困っていること:Raspberry PiのCPU温度をつぶやくTwitterBot

前々回、Raspberry PiのCPU温度をつぶやくTwitterBot の投稿で、2か所はまっている。。。ということを書いたのですが、
そのはまっていることについて書いておきます。
このブログのコメント機能はオフにしてあるので、なにかアドバイスをくださる方がいらっしゃいましたら
twitterの@orangesunshine_までコメントくださると、本当に本当にありがたいです!!

——–    

困っていることその1:CronTabが動作しない

スクリプトTempBot.pyを、15分ごとに自動で実行させたくてCronを使ってみようと思ったのですが
動作しない!!

記述している内容は以下の通りです。

*/15 * * * * python home/pi/twitterBot/TempBot.py     

ログを見る限り、動いていないです。つぶやいてくれません。。

困っていることその2:重複ツイートでエラーが返ってくる

上記の通り、今はまだ手動でスクリプトを動かしている段階なのですが、
ばちばちとスクリプトを実行していると、以下のようなエラーが返ってきてつぶやけなくなります。

pi@raspberrypi ~/twitterBot $ ./TempBot.py pi@raspberrypi ~/twitterBot $ ./TempBot.py Traceback (most recent call last): File “./TempBot.py”, line 21, in api.update_status(status=’CPU no ondo ha ‘+temp+’do desu’) File “/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/twython/endpoints.py”,
line 107, in update_status return self.post(‘statuses/update’, params=params) File “/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/twython/api.py”,
line 267, in post return self.request(endpoint, ‘POST’, params=params, version=version) File “/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/twython/api.py”, line 257,
in request api_call=url) File “/usr/local/lib/python2.7/dist-packages/twython/api.py”,
line 198, in _request retry_after=response.headers.get(‘X-Rate-Limit-Reset’)) twython.exceptions.TwythonError: Twitter API returned a 403 (Forbidden),
Status is a duplicate. pi@raspberrypi ~/twitterBot $       

注目したいのは、最後のほう。
Twitter API returned a 403 (Forbidden), Status is a duplicate.

・このエラーがでるとしばらくの間つぶやけないこと
・保冷剤で本体を冷やすと、わりとすぐにツイートできるようになること
からも、CPU温度が変わらないから重複ツイートとしてはじかれている気がします。
これを回避する方法としては、
・つぶやく間隔を長くする
・同じ温度だったら違う言葉をつぶやかせる
とかかな?もちろん、cronが正常に動作していることが前提だけど。。。
あとプログラム初心者なのでpython勉強しなくては。。。

memo:Raspberry Piでやってみたいこと!

Raspberry Piでやってみたいことのmemoです!

サーバルームのTempBot
サーバ室の温度を取得して、twitterにつぶやかせて監視したい。
温度の取得は、ToCostickという無線センサーネットでやってみたい。
これはスクリプト実行で外部からTwitterにつぶやかせる仕組みのとこだけクリア。たぶん。。。(2015/1/26)

デジカメ作成
カメラモジュール、持ち運び用バッテリ、小型ディスプレイ、タクトスイッチを使ってデジカメみたいのつくってみたい。
楽しそう。カメラモジュール接続だけクリア(2015/2/1)

監視モニター
カメラモジュールをつけて、別室をモニターできるようにしたい。
motionかmotion-mmal?というのを使えばよいのかな?
カメラの映像を同じネットワーク上のPCのWebブラウザ上、またはリモートデスクトップ接続で監視できるといいな。
カメラモジュール接続はクリア(2015/2/1)

Raspberry PiのCPU温度をつぶやくTwitterBot

スクリプトを実行すると、Raspberry PiのCPU温度を取得して自動でtweetする仕組みを作りました!
ただ、TwitterBotにするにはまだ2か所はまっていて…
今回はとりあえず、スクリプトを手動で実行するとつぶやくところまでの設定手順を紹介します(´・ω・`)

完成したアカウントはこちらです。どん!
     

CPUの温度をつぶやいています。最終的には、定期的につぶやくBotにしたいのです。

設定手順

①「twython」をインストール

Pythonで記述したTwitterのライブラリプログラム「twython」をインストールするために
「LXTerminal」などで以下を実行します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install python-setuptools
$ sudo easy_install pip
$ sudo pip install twython

②Bot用のTwitterアカウントを作成

Twitterのアカウントを作成します。

③開発者向けサイトへの登録(外部から操作可能なTwitterアカウントの作成)

開発者向けのページでプログラムから制御するための許可情報を取得します。
1.取得したアカウントでhttps://dev.twitter.com/apps/ にアクセスしてログインします。
2.「Create a new application」のボタンをクリックします。
3.アプリケーションを新規作成し、任意の名前、説明文、自分のWebサイトURLを入力して
登録します。
4.作成したアプリケーションをクリックして、「Permissions」タブを開きます。
5.権限を、「読み取り」から「読み書き」に変更します。
Alt text

これで、スクリプトプログラムを使って外部からTwitterアカウントへ投稿することが可能になります。

④許可情報の取得

許可に使うトークンを取得します。
1.「API Keys」タブを開き、「Creare my access」をクリックして、
アクセストークンを発行します。
2.あとから、「Consumer key」「Consumer secret」「Access token」「Access token secret」の
情報が必要になります。
Alt text

⑤自動投稿を設定

1.スクリプトファイルを作成するために、以下を実行して、ディレクトリと編集するファイルを作成します。

$ mkdir TwitterBot
$ cd TwitterBot/
$ nano TempBot.py

2.nanoエディタが起動するので、スクリプトファイル「TempBot.py」を以下の通りかきます。

#!/usr/bin/env python
#coding:utf-8

import os
from twython import Twython

#Twitterアカウントの認可情報
CONSUMER_KEY = ‘Consumer key’
CONSUMER_SECRET = ‘Consumer secret’
ACCESS_KEY = ‘Access token’
ACCESS_SECRET = ‘Access token secret’

api = Twython(CONSUMER_KEY,CONSUMER_SECRET,ACCESS_KEY,ACCESS_SECRET)

#Raspbianの制御コマンド(vcgencmd)を実行
cmd = ‘/opt/vc/bin/vcgencmd measure_temp’
line = os.popen(cmd).readline().strip()
temp = line.split(‘=’)[1].split(“‘”)[0]

#取得したCPU温度を投稿
api.update_status(status=’CPU no ondo ha ‘+temp+’do desu ‘)    

3.編集が終わったら、以下を実行し、スクリプトファイルに実行権限を与えます。

$ chmod +x TempBot.py

4.ディレクトリに移動し、スクリプトを実行します。

$ cd TwitterBot/
$ ./TempBot.py    

これで温度がつぶやけます。
最初にもいいましたが、これをBotにしたいのですが、はまっているのが解決できたら
また設定手順を紹介します。今日はここまでー!(^^)/

Raspberry Piとは? その2

たいへんながらくお待たせしました。「Raspberry Piとは? その2」です!
Raspberry Piについては、「Raspberry Piとは? その1」で紹介しました。超格安小型PCのことでしたね。

今回は、実際に周辺機器を接続してみた感じと、起動させるまでの簡単な流れを説明したいと思います。


私のRaspberry Pi環境

それではまず、私のRaspberry Pi環境を紹介します。 じゃーん!
Alt text
ディスプレイとキーボードの間にある小さい箱が、Raspberry Piです。
あらためて小さいな~ぁと感じます。接続しているものは、普通のデスクトップPCとほとんど同じなのに
なんだか机の上がとてもスッキリして感じますね!(^^)!
Raspberry Piに必要な周辺機器は以下の通りです。

必要な周辺機器一覧
周辺機器 説明
電源ケーブル 電源は、MicroUSBコネクタから給電します。わたしは、MicroUSBケーブルと、iPadについてきた充電アダプタを使用しています。
SDカード OSはこのSDカードで起動します。最低4GB以上のものを用意しましょう。
画面出力ケーブル 画面出力は、HDMIかコンポジット出力を利用します。
キーボード、マウス、ディスプレイ 3点セット。特に説明はいりませんね!(^^)!
LANケーブル ネットワークに接続する場合は、LANケーブルを接続します。

必要最低限のものはこれだけです!
あとは、必要に応じてセルフパワータイプのUSBハブ(Raspberry PiのUSBポートに消費電力の大きいデバイスを接続すると、電力不足で動作が不安定になることがあるため)やUSB無線LAN子機などがあるとよいでしょう。
また、周辺機器を接続するときの注意として、電源ケーブルは一番最後に接続するようにしてください。
本体起動後にUSB機器を接続すると、接続時の一瞬に大量の電力を消費してシステムが不安定になることがあります。

これでRaspberry Piを動かす準備ができたので、次はOSインストールです。
ここではRaspberry Piの推奨OSRaspbianのインストールについて説明します。
設定時に画面の写真を撮り忘れてしまいましたので、文章だけの説明です。(ごめんなさい…)


OSの準備

Raspberry Piは、SDカードでOSが起動します。
OSインストールのためには、あらかじめOS導入ツールNOOBSをSDカードに書き込んでおく必要があります。
ちなみに私は、NOOBSインストール済みのSDカードがセットになっているRaspberry Piを購入したので、楽チンでした。
Raspberry Piをすぐに始めたい方にはオススメです。

NOOBSを準備する

1.作業用PCで下記URLから最新版のOS導入ツール「NOOBS」のZIPファイルをダウンロードし、展開する。
URL:http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/NOOBS/images/

2.SDカードをフォーマットする。

3.展開しておいた「NOOBS」のフォルダーをすべてコピーする。

NOOBSからOSをインストールする

1.準備したSDカード、その他の周辺機器を接続したあと、電源ケーブルを接続し電源をいれる。

2.NOOBSの起動画面が表示されるので、次のように操作する。
①画面左上の「Install」をクリック
②一覧から「Raspbian」を選びチェック
③画面下で言語は「日本語」を選択
④しばらく待って「OS Installed」のメッセージが表示されたらEnterキーを押す

3.Raspberry Piが再起動する。

4.しばらく待つと「raspi-config」ツールが起動されるので、次のように操作する。 (日本語化け防止のため)
 ①Tabキーを2回押す
 ②カーソルがに移ったらEnterキーを押す

5.「pi@raspberrypi ~ $」という文字がでてきたら「$ startx」と入力してEnterキーを押す。

6.デスクトップが起動する。


ひとまず、OSインストールからデスクトップ画面が現れるまでの操作はここまでです!
このあと、細かい設定にはいっていきます。
長くなってしまったので、続きは「その3」でかこうと思います(^_-)-☆
それではまた~♪

PCのシステム情報を取得する方法

Paspbbery Piとは?その2がまだでごめんなさい。。必ず書きますからね(>_<)!
昨日とあるセミナーへ行ってきたので、そこで学んだ情報を先にまとめます。

今回は、PCのシステム情報の収集方法についてです。
PCに何か障害が起こった時や、リプレイスを検討している時など
あらゆるシステム情報が必要なことがありますよね。

そんなときに、重要な情報を一括で取得し、エクスポートまでできちゃう方法があります。
やり方はとっても簡単で、<ファイル名を指定して実行>に「msinfo32」と入力し、「OK」をクリックするだけです!
じゃーん!一度にこんなにいろんな情報が取得できます。
Alt

OS情報を確認するには、コントロールパネルのシステムを開いて…
スタートアップに設定しているアプリを確認するにはまずスタートアップを開いて…
なんて、各場所をたどって確認する必要はございません(`・ω・´)

私、IT関連のお仕事をしてもうすぐ丸6年になるにもかかわらず、このコマンドを知りませんでした。(恥
とても便利ですね。
これからリプレイスを控えている端末が数台あるので、棚卸の際には活躍しそうです。
どんな情報が取得できるか、一度試してみてくださいね~。

Raspberry Piとは? その1

みなさんは、「ラズベリーパイ」と聞いて頭の中にどんなものを思い浮かべますか?
さっくりとしたタルト生地の上に、甘いクリームと甘酸っぱいラズベリーがたくさん並んでいる…
美味しそう~♡なパイを想像しましたか?

残念でした…(´;ω;`)
今回紹介するのは、美味しい「Raspberry Pie」ではなく、
安くて小さいコンピュータ「Raspberry Pi」のことなのです!
よく見ると、スペルが違いますよね?

美味しそうなネーミングの由来については、パソコン黎明期を思い返してみてください。
Apple、Apricot、Tangerine。。。なんとなくフルーツの名前を意識していることがわかりますね。
そして「pi」の部分は、パイ生地ではなくプログラミング言語「Python」からきています。
(Raspberry Piを開発したRaspberry Pi財団が推薦しているプログラミング言語がPythonだそうです。)

では、Raspberry Piとはなんなのか、紹介していきます♪


超小型格安PC「Raspberry pi」とは?

Raspberry Piとは、名刺サイズのプリント基板の上に、最小限の部品が乗っているシングルコンピュータです。

10~12歳の子どもたちが気軽にプログラミングを学べるようにと英国で開発され、2012年から発売が開始されました。
発売当時は、予想以上の人気でなかなか手に入らなかったみたいですよ!
今は入手しやすくて、通信販売でamazonか、国内正規代理店であるRSオンラインで購入することができます。
実店舗販売をしているところは、秋葉原の千石電商さんです! ちなみに私は、千石電商さんのオンラインで購入しました。
都内ですが、注文した次の日には無事届きましたぁ!(^^)!

Raspberry Piは、LAN接続ができないModel Aと、接続できるModel Bがあります。さらに、Model BがパワーアップしたModel B+があります。

実際に私が購入したModel B+を見てみましょうか。どん! Alt text

ほんとに小さいPCが、かわいらしい箱に入っていました。
外箱だけだったら、やっぱりお菓子なのでは??と疑っちゃいそうです。

もう少しよく見てみましょう。 Alt text

ほんとに最低限のものしかついていないですね。そして、お菓子ではなさそうです(´・ω・`)

これでいったいどんなことができるのか?? 次回は、Raspberry Piを実際に動かすには
他に何が必要で、どんな手順なのか。
そんなことについてかきますね(^_-)-☆

Linuxもプログラミングもまったく初心者の私ですが、
世界中のプログラマを夢中にさせているというRaspberry Piの魅力を探り
何か楽しいことをしたいなぁ♪と思っています。

Raspberry Pi、はやく味見したいですよね♡ 次回をお楽しみに~!

学習のピラミッド

最近、授業支援システムに関する論文(論文と言ったら大げさですが…)をまとめていまして、
「e-ポートフォリオ」「インストラクショナルデザイン」「アクティブラーニング」…
といったキーワードを軸に少し勉強してみようかなと思っています。
もとは勉強嫌いな私ですが、せっかく教育にかかわる仕事をしているんだしね( `ー´)ノ

今日は「学習定着率」についてblogを書いてみたいと思います!


みなさんは、「学習のピラミッド(Learning Pyramid)」をご存知ですか?
「学習のピラミッド(Learning Pyramid)」とは、アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)
の研究によって導き出された学習定着率を表す図で、7項目の学習法の習得率を表しています。
まずは見てみましょ。

Alt text

それぞれの学習法は日本語にするとこういうことですね。

項目
Lecture 講義をうける
Reading 資料や書籍を読む
Audiovisual 視聴覚教材
Demonstration 実演を見る
Discussion Group グループで話し合う
Practice Doing 模擬演習、実体験
Teaching Others 誰かに教える

どうでしょうか??
実際には検証可能なデータに基づいた研究ではないという話もありますが、
自分の今までの学習を振り返ってみると、なかなか共感できるピラミッドだと思います。

  • 大学で先生がひたすら90分話すだけの授業で勉強したことなんて、何一つ覚えてません。
  • DVDを見ながら授業したことは、なんとなく覚えています。
  • グループで作業したりゼミでディスカッションしたことは、大変だった記憶も含め結構覚えています。
  • 授業アシスタントで後輩に教えたOffice関連やPC操作は、授業が進むにつれだいぶ得意になりました!
    アルバイトながら、かなり自分にとって勉強になりました。    

「誰かに教える」ことの習得率が高いのは、
* 教えることが自分の頭の中を整理しながら復習する機会にもなる。
* わかりやすく教えるためにその分いっぱい勉強する。
からなのかな。

そして感動しながら学ぶことも大切だと思います。なかなか解けない問題がやっと解けた時や、こんなやり方あったんだ!って感動したりひらめいたときのことって記憶に残るものですよね。


前職時代、上司に
「人に上手に教えるにはバックに3倍だか5倍(忘れた!)の知識がないとだめなんだよ。」
と言われたことがありました。
教え方がわかりやすい人って実は後ろにものすごい量の知識があるんですよね。
知識を増やして誰かに教えて、いろんな人の気づきも新たに自分の学びにできるようになりたいです。

とにかく、1人じゃなくて誰かをまきこんで学ぶというのはとても効果的なんですね!(^^)! このブログも私にとって大事な勉強の場所。いつも読んでくださってありがとうございます。

今の仕事では、教える立場でもあるので私にとっても学びが深まるチャンスだし、学生が主体的に学んでゆける手助けをできたらいいなと思います。

さぁ勉強するよ、教えるよ(´・ω・`)ノ♪ チョコレートでも食べて幸せな気分で勉強したら、習得率があがるかなぁ♡笑

Win8.1 サインイン後の表示画面(スタート画面/デスクトップ画面)の設定方法

今回は、「Win8.1 サインイン後の表示画面(スタート画面/デスクトップ画面)の設定方法」です。
windows8.1Updateをかけたら、サインイン後にスタート画面をスキップして、
直接デスクトップ画面にいくようになりましたね!!
Windows7までのOSに慣れていた人にとっては、うれしい機能かもしれないですね。
でも私の場合は、職場環境を考えるとスタート画面が表示されたほうがよいです…
どちらかに設定する方法はとても簡単ですので、自分の使いやすいように設定しましょう。

設定方法

1.デスクトップ画面のタスクバーの上で右クリックし、「プロパティ」を開きます。
Alt text

2.「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」が開いたら、左から2番目の「ナビゲーション」タブを開きます。

3.画面下半分の「スタート画面」項目の一番上にある「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップ画面に移動する」のチェックのon/offで設定します。
Alt text
スタート画面が表示されなきゃイヤ!という方はチェックを外し、すぐにデスクトップ画面が開いてほしい方はチェックをしましょう。

以上で設定完了です。


しかしなー、またさぼっちゃって…
めちゃくちゃ久しぶりになってしまいました(´・ω・`)
今回の記事は、今更~…な感じもしますが、 ちょっとした内容でもいいから続けることが大事だと思うのでまた少しずつがんばります!

iPadとSurfaceの重さ&面積を比べてみました。

iPadとSurface。急速に普及しているタブレット端末市場ですが、代表的なものとして思い浮かぶのは、やはりこの2つではないですか?
以前に、教育現場においてより有効的な端末はiPadとSurfaceのどちらなのか!?という研究をしてみました。(それについてはまた今度…)
比較する項目はいろいろあって、それぞれにメリット・デメリットがありますね。

ところでSurfaceですが、もうすぐ最新機種の「Surface Pro 3」が発売されますね!
Pro2からの最大の変化は、なんといってもサイズが大きくなったこと!
10.6インチから12インチになりました!

といっても、私、インチを言われてもあんまり想像わかない。。
ということで、紙でどのくらいかつくってみました。
Alt text
紙でSurface Pro3の大きさに切って、Surface Proの上に重ねています。
見えにくいけど、他の端末の大きさも書いてみたり。 12インチ、ものすんごく大きくなったわけでもないし、大きくなったのに重さが軽くなってるから、結構よい…??ストレスなく持ち運べるレベルかも。

ついでに、今まで発売されたiPadさん達とSurfaceさん達の重さと面積を比較してみました(`・ω・´) ←暇か!!笑
Alt text

棒軸が重さ(g)で、折れ線が面積(m㎡)となっています。
500g超えるか超えないかって、結構大きい気がする!ペットボトル1本分て、カバンのなかでなかなか思いもの。
iPadAirとSurfacePro3にはハートマークつけてみました。
さてさて、どうでしょ?
私は、ちょっとしたゲームやネットならiPadmini。
Office使うなら、やっぱり、画面が広いSurfacePro3が欲しいかも…
iphone5sは…軽くてかわいいな!