Raspberry Piで室温監視システム(ブレッドボード配線の記録)

今回は、Raspberry Piで室温監視システムをつくりました!
温度センサが読み取った温度データを無線機でラズパイにとばして、
Twitterにつぶやくシステムです。
方法は、「日経Linuxラズパイマガジン2015年春号」P.78~を見てやったので省きますが、
苦戦した回路図の配線を記録しておこうと思います。

回路図が読めない私にとっても難しかったー!
なんども失敗しながらやっとの思いで接続しました(;O;)


子機に温度センサーをつなぐ回路図

回路図はこちらです。 Alt text

ブレッドボードに配線するとこうなります。 
Alt text

温度センサのLM61は、正しい向きに挿すように気を付けてください!
反対に接続すると、電気を通した瞬間にめちゃめちゃ熱くなります!(120度くらいになります!!)
Alt text

完成したツイッターはこちらです。

今回は、回路図もはんだ付けもファームウェアの書き換えも、全部すごく難しかった。。。
でもこれでサーバ室の温度が監視できるようになる! 慣れるようにがんばろう!