Raspberry Piで監視カメラ

Raspi2にWindows10をインストールするのはちょいとお休みで。。。
前からやってみたかった、簡易監視カメラをつくってみました。
ほんとはもっといろいろな機能(暗闇カメラにしたり。。)をつけるのが目標ですが、
まずは手始めに、余計な機能は全部とってWebブラウザから確認するだけのやつです!


使用したもの

・RaspberryPi(B+)
・RaspberryPi Camera Board(秋葉原で¥3580で買いました)
・motion-mmalのインストール
※Webカメラなどを使用する場合はmotionでいいのですが、
Raspberrypi用カメラモジュールを使用する場合は、
Raspberry Piのコミュニティメンバーが開発したこちらのバイナリが必要です!


手順1<カメラモジュールの取り付けと有効化>

RaspberryPiにカメラモジュールを取り付けたら、有効化する作業が必要です。
①下記コマンドを実行したら、 ”5.Enable Camera”を選択しエンターキーを押す。

sudo raspi-config

②カメラのサポートの有効化を聞かれるので”Eanable”を選択してエンターキーを押す。
③Raspberry Piを再起動する。
④下記コマンドを実行して、静止画が/home/piディレクトリに保存されていれば、有効化できている。

raspistill -o image.png

手順2<Motion-mmalのインストールと設定>

標準のMotionはRaspi用カメラモジュールでは動作しないので、Raspberry Piのコミュニティメンバーが開発した”motion-mmal”と呼ばれるバイナリをインストールして設定しましょう。
①下記コマンドを実行して、ダウンロード&解凍をする。

wget https://www.dropbox.com/s/xdfcxm5hu71s97d/motion-mmal.tar.gz
tar -zxvf motion-mmal.tar.gz

②下記コマンドを実行して、motion-mmalcam.confを編集する。

sudo leafpad /home/pi/motion-mmalcam.conf

※「leafpad」の部分は、nanoでもいいですしいつも使用しているエディタでどうぞ。
◆編集箇所は用途に合わせて以下の通り◆
stream_localhost off(←外部アクセス許可して別マシンからWebブラウザで監視するため)
stream_auth_method 1
stream_authentication username:password
output_pictures off(←静止画の保存はいらないのでオフ)
ffmpeg_output_movies on → off(←動画の保存もいらないのでオフ)      

手順3<Motion-mmalを起動>

①下記コマンドを実行して、Motion-mmalを起動する。

sudo ./motion -n -c motion-mmalcam.conf

起動すると、カメラモジュールのライトがピカっと赤く点灯します!
Alt text

手順4<別マシンのWebブラウザからネットワーク越しに監視!>

①Webブラウザを起動し、アドレスバーに下記の通り入力する。
(ブラウザはFirefoxかSafariで!IE、Chromeは動作しません。)
★raspiのIPアドレスが、192.168.0.10の場合

http://192.168.0.10:8081/

(IPアドレスは事前にRaspiでhostname -Iで確認しておくこと)

はい!監視できました!!
ちゃんと時刻まで表示してくれますよ~。
Alt text

簡易版が試せたので、次の課題は、
・無線・赤外線カメラでつくることです!