Raspberry Pi2にWindows10をインストール~報告②ADK RC for Windows 10~

前回、Hyper-V上のWindows10でのイメージ展開に失敗した私、
次に試した方法はこれです。
“Win8.1に「ADK RC for Windows 10」をインストールして、イメージ展開する”
この方法なら、Win10の実機がなくてもお手軽にSDカードのRaspi2用Win10をインストールすることができるそうです。
しかし、私はうまくいきませんでした…
Hyper-Vの時と同じエラー…
Alt text

もう少しがんばってみようと思うので、この方法を試したい場合は
他の方のBlogなどを参考にしていただくと良いと思います(涙)
また、原因がわかる方、twitter@orangesunshine_までメッセージいただけますと助かります!

いちおう、進めたところまで手順をメモしておきます。


Win8.1でraspi2用Win10をインストールする方法

必要なもの
・Windows8.1マシン
・SDカード(8GB以上)
・RaspberryPi2用Windows10のイメージファイル

①RaspberryPi2用Win10OSの準備
Microsoft Connectにサインイン

アンケートに答える(←これをしないとダウンロードに進めません。)

「Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2」zipファイルをダウンロードする。

ファイルを展開する。

②Windows ADK RC for Windows 10のインストール
Windows Insider Programに参加する。

Windows 10 用のキットとツールのダウンロード から
「Windows ADK RC for Windows 10」をダウンロードする。
(※ページ一番下にあります(2015.6現在))

インストール時にDeployment Toolsだけ選択して進める。
(他を入れてもOKだけど、今回必要なのはDeployment Toolsだけ)

③DISM.EXEでイメージ展開(←いまココではまっております…)
SDカードをPCに接続し、disk番号を確認して覚えておく。
・管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下コマンドを実行

diskpart
list disk


スタートメニューからDeployment and Imaging Tools Environmentのコマンドプロンプトを
管理者権限で実行。

cdコマンドでFlash.ffuがあるディレクトリに移動する。

以下を実行。DriveNのNは先ほど覚えたディスク番号にする。

dism.exe /Apply-Image /ImageFile:flash.ffu /ApplyDrive:\.\PhysicalDriveN /SkipPlatformCheck