Raspberry Pi2の紹介

2015年2月に発売されたRaspberry Pi2(Model B)。
今更感もありますが、私も最近ゲットしましたので、簡単に紹介したいと思います。
前のバージョンのRaspberry Pi(Model B+)については、「Raspberry Piとは? その1」で紹介しています。


Raspberry Pi2 (Model B)

それではまず、Raspberry Pi(Model B+)と並べて比較してみましょう。じゃん。
Alt text
写真上が、Raspoberry Pi(Model B+) で、写真下がRaspberry Pi2(Model B)です。
見て分かる通り、見た目の変化はほとんどありません!各パーツの配置や全体のサイズは同じです。
細かいことを言えば、カワイイRaspberry Piマークがちょっぴり小さくなっていま~す。。

では、中身はどうパワーアップしているのか!

主にパワーアップした点は以下の通りです。

Raspoberry Pi(Model B+)とRaspberry Pi2(Model B)の性能比較
モデル Raspoberry Pi(Model B+) Raspberry Pi2(Model B)
SoC(System-on-a-chip) Broadcom BCM2835 (CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB) Broadcom BCM2836 (CPU, GPU, DSP, SDRAM, USB)
CPU 700 MHz / ARM1176JZF-S 1コア 900MHz / ARM Cortex-A7 4コア
メモリ(GPUと共用) 512 MB(SDRAM) 1 GB(LPDDR2 SDRAM)
電源 600 mA (3.0 W) 900 mA (4.5 – 5.5 W)
メモリ(GPUと共用) 512 MB 1 GB

簡単にまとめると、
搭載するCPU(SoC)が高速になり、メモリが従来の512Mバイトから1Gバイトに増えたことによって、
従来のRaspberry Piと比較して全体的な性能がおよそ6倍となります!


で、このパワーアップしたRaspberry Pi2、
なんと今まで提供されていたOS(Debian, Fedora, Arch Linux, RISC OSなど)に加えて、Windows10が加わりました!
MicrosoftがRaspberry Pi2向けのWindows10を無償提供しています。
マイクロソフト、Raspberry Pi 2 に無料でWindows 10と開発環境を提供

セットアップ方法はこちらWindows Dev Centerのサイトから見ることができます。


私もさっそくインストールをしようとしたのですが、ばっちりはまってしまいました。
どうもうまくいかない~(泣)
次の記事では、はまりポイント(失敗談)を報告します。。。