DELLのデスクトップPC×タッチモニタで音が出ない時の設定方法

お久しぶりです、pettomoです。
新学期、毎日バタバタ&残業の日々でした。
最近は少しずつ落ち着き始めたので、バタバタの中にあった記事にしたかったいろいろを
少しずつ書いていきたいです。
今日は、DELLのデスクトップPC×タッチモニタで音が出ない時の設定方法についてです。

春休み中に、200台近いデスクトップPCをXPからWin8.1にリプレースしました。
リプレース後はじめて授業で動画を見る機会があったので、事前に動作確認をしてみたところ…
お、音がでない!(システム音はでる)
とても焦りました。授業は明後日だし、台数めっちゃあるし…

音量ミキサーやドライバ更新など、基本的なところを確認してみてもだめで、
いろいろ試してやっとわかったのは、
タッチモニタがサウンドデバイスとして認識されて邪魔していたということでした。

スピーカー機能がついていないタッチモニタをHDMIで接続すると、
サウンドデバイスとして認識されてしまうのですね。イケナイ子(`・ω・´)!
今回は以下の通りのデスクトップ環境で、他の環境では現象確認してないのですが
モニタをHDMIで接続してPC本体から音が出ない場合は、ぜひこれから紹介する設定を確認してみてほしいです。
もちろん先に、ハードが原因でないか切り分けしてからですよ(^_-)-☆

マシン:DELL Optiplex3020
モニタ:DELL E2014T 19.5インチマルチタッチモニタ
OS:Windows8.1 pro


設定方法

1.スピーカーを右クリックし、「サウンド」を開きます。 Alt text

2.サウンドの「再生タブ」を開くと、今回の問題児「DELL E2014T」が
しっかりと規定デバイスとして認識されています。
Alt text

3.デバイスの上で右クリックし、「無効化」を選択します。
Alt text

4.残った本体内蔵スピーカーのデバイスを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
Alt text

5.「拡張」タブの〔直接モード〕にチェックが入っていたら外します。
Alt text


設定は以上です。今回の私の環境では、この設定で無地音声出力できるようになりました。

前の職場では、今よりもずっといろんな種類や複雑な設定、1000台近いPCとユーザさんを相手にしていたので、もっとたくさん障害切り分けしていたなぁ…
ちょっとこういうの久しぶりだったかも。

これからも、誰か1人のひとにでもためになるブログを目指してがんばります(^^)/

4 thoughts on “DELLのデスクトップPC×タッチモニタで音が出ない時の設定方法

  1. 初心者です。
    私が使っているDellはInspiron2350で、同じような問題で困っています。
    つまり、音が出ません(エアホーンなどを使うと問題ないです)。

    上記のコメントに従って操作したが、ステップ2で表示されるデバイスがスピーカーしかないです。
    上記のDELL E2014Tにあたるものが見られません。

    どうすれば、解決できますでしょうか?

    • Chigさん。お返事が大変遅くなって申し訳ございませんでした!!せっかくご質問いただきましたのに、スパムが多くコメントが埋もれてしまっていました…
      その後、解決されましたでしょうか?Inspiron2350は一体型PCなのですね。本体から音がでないとのことですが、ドライバの更新などは試されましたでしょうか?

  2. 優良な情報ありがとうございます

    モニターを「無効化」はできたのですが、逆に「有効」にする方法を教えていただけますでしょうか?
    状況によってモニターから音を出したい時があったのですが、戻せなくなってアタフタしています(泣)

    どうぞよろしくお願いします

    • Yoshiさん。ブログをご覧いただきありがとうございます。お返事がおそくなりごめんなさい!
      「無効化」したものを「有効」にするには、タスクバーのサウンドを右クリックして、
      [再生]タブの何もないところを右クリックすると、「無効なデバイスの表示」という項目がでてきませんでしょうか?
      ぜひお試しください★

pettomo にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>