第6回Win女子部勉強会【プレゼンの極意】2012.8.26

(´・ω・`){ ビックデータについてのお話と2本立てだった、【プレゼンの極意】のまとめ(メモ書き)です。

プレゼン上手になりたいな。この【プレゼンの極意】を聞いてからは、他の人のプレゼンも、内容だけでなく、意識してみるようになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①いいプレゼンとは?

どんな相手・場所・内容であっても、

相手が納得し、理解し、「また聞きたい」と思ってくれるプレゼン。

②今すぐやるべきこと・できること

・自分が他の人からどう見えるか認識する→自分を客観視する

・自分を他人にどう見せたいか意識する→セルフプロデュース

→プレゼンは「生き様」。普段から意識してなければ、本番はその通りにいかない!

③今日から練習

・まっすぐ立つ、きちんと座る

・はっきり話す、自分から話す

・ミーティングで全員に視線をくばる

・丁寧な言葉を使って相手の反応をみてみる

④プレゼン当日までの過ごしかた

・隙間時間はとにかくプレゼンに関することばかり考える(アイスブレイク、プレゼン中のコメント、立ち姿のイメージでもなんでも)

・気分は常にリハーサル

→そうすることによって、例えば社内の上司やお客さんにばったり会った時の軽い話題にもなる。

(ここで、ジョブズのエレベーターで社員をクビにした話がでる)

・使う言葉はライブラリ化する→アドリブは決めごとがあってできること

⑤スライド構成

・ビジョンを決める

・自分を主にすると失敗しやすいので、相手に+αを与えることを意識する

・プレゼンする相手の人数によって構成を変える

・覚えてほしいことは連呼する、わかりやすいたとえ話にする

・スライドのフォントは26pt以上

⑥そのほか

・デモが止まってしまった時、話とアクションをとめない!

→沈黙はオーディエンスが損した気になる。

→デモのバックアップを準備しておくのもテ。例えは、デモが止まった時用に流すムービーを準備

・プレゼンの締め方として、次の行動を相手に渡すように、提案するようにする。

→私は~こう考えます。では、今度はあなたたちが考えるばんです。みたいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>