備忘録:Raspberry PiでAirPlay

Raspberry Piで普通のスピーカーをAirPlay対応スピーカーに変身させました♪
手順を後ほど詳しくかきたいとおもうのですが、まずはメモメモ~φ(・ω・ )
1.RaspberryPiのIPの固定
2.USB接続の無線LANを装着
3.サウンドカードを有効化する
4.増設したスピーカーとサウンドカードをデフォルトのデバイスに設定する
5.ShairPortを設定する

授業準備がいろいろ落ち着いたら書こう…

SeeedStudio PL2303HX内蔵USBシリアル変換ケーブルのドライバはバージョンに注意。

RaspberryPiをWin8PCに接続してTeratermから作業したくて購入したコレ。
【SeeedStudio PL2303HX内蔵USBシリアル変換ケーブル】
Alt text

接続してみるものの、ドライバに問題があるようでうまく認識されず
デバイスマネージャから以下のエラーを確認。
「このデバイスを開始できません。 (コード 10)」

調べてみると、PCのOSによってはProlific PL-2303 driverは
古いバージョンのものを当てる必要があることがわかりました。

PL2303HXはリビジョンによってWin8.X対応/非対応にわかれるようです。
Rev.DならWin8.X対応でRev.Aだと非対応らしい。。。
ですが、秋月電商さんのこちらのページ真ん中らへんにある
「PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1.5.0.zip 2011.10.24」
をインストールすることで、私のWin8PCでも認識するようになりました。
ちなみにWin7ではPCに接続するだけでいけました!

質問などありましたら、Twitterアカウント@tomo_raspiまで気軽にご連絡ください。