Raspberry Pi2にWindows10をインストール~報告③やっとインストールできたけど…~

『Raspberry Pi2にWindows10をインストール~報告②ADK RC for Windows 10~』で、Hyper-V上のWindows10でのイメージ展開に失敗し、
『Raspberry Pi2にWindows10をインストール~報告②ADK RC for Windows 10~』でも、SDへの書き込みに失敗していた私ですが…
やっとインストールすることができましたぁ!!  
一度エラーがでているのは、ファイル名の小文字と大文字を間違えました。(笑)
(インストール方法は報告②に記載してある通りです。やり方自体は間違ってませんでした(^_-)-☆)
The operation completed successfully!! Alt text

前回どうしてもできなかった原因は、私が使用していたマシンがWin8.1の32bit版だったから??
64bit版WIn8.1のマシンでやってみたら、すんなり成功しました。
私と同じエラーでつまずいている方がいたら、ご自身のマシンが32bit版ではないか確認してみることをオススメします。


苦労して準備したSDをRaspi2に挿し、電源をいれました!
Alt text
すると、1~4の順番に画面が切り替わっていきました。
3の画面が出るまで、私は5分程かかりました。その間はほとんど真っ黒画面でたまに2の画面がでてくる感じ。
バグってないと思うので、起動するまで5分くらいは気長に待ってみてくださいね。

で、4の画面が、起動後の画面になるのですが、
なんとタイムゾーンの設定とネットワークの設定しかできない!
想像と違った。。。(笑)
インストール後は、ネットワーク越しのリモート操作で、VisualStadioなどで開発していくみたいですね。
今のわたしにはまだまだそこまでは難しいな~(>_<)

以上、「Raspberry Pi2にWindows10をインストール」の報告でした。

Raspberry Piで室温監視システム(ブレッドボード配線の記録)

今回は、Raspberry Piで室温監視システムをつくりました!
温度センサが読み取った温度データを無線機でラズパイにとばして、
Twitterにつぶやくシステムです。
方法は、「日経Linuxラズパイマガジン2015年春号」P.78~を見てやったので省きますが、
苦戦した回路図の配線を記録しておこうと思います。

回路図が読めない私にとっても難しかったー!
なんども失敗しながらやっとの思いで接続しました(;O;)


子機に温度センサーをつなぐ回路図

回路図はこちらです。 Alt text

ブレッドボードに配線するとこうなります。 
Alt text

温度センサのLM61は、正しい向きに挿すように気を付けてください!
反対に接続すると、電気を通した瞬間にめちゃめちゃ熱くなります!(120度くらいになります!!)
Alt text

完成したツイッターはこちらです。

今回は、回路図もはんだ付けもファームウェアの書き換えも、全部すごく難しかった。。。
でもこれでサーバ室の温度が監視できるようになる! 慣れるようにがんばろう!