Raspberry Piとは? その1

みなさんは、「ラズベリーパイ」と聞いて頭の中にどんなものを思い浮かべますか?
さっくりとしたタルト生地の上に、甘いクリームと甘酸っぱいラズベリーがたくさん並んでいる…
美味しそう~♡なパイを想像しましたか?

残念でした…(´;ω;`)
今回紹介するのは、美味しい「Raspberry Pie」ではなく、
安くて小さいコンピュータ「Raspberry Pi」のことなのです!
よく見ると、スペルが違いますよね?

美味しそうなネーミングの由来については、パソコン黎明期を思い返してみてください。
Apple、Apricot、Tangerine。。。なんとなくフルーツの名前を意識していることがわかりますね。
そして「pi」の部分は、パイ生地ではなくプログラミング言語「Python」からきています。
(Raspberry Piを開発したRaspberry Pi財団が推薦しているプログラミング言語がPythonだそうです。)

では、Raspberry Piとはなんなのか、紹介していきます♪


超小型格安PC「Raspberry pi」とは?

Raspberry Piとは、名刺サイズのプリント基板の上に、最小限の部品が乗っているシングルコンピュータです。

10~12歳の子どもたちが気軽にプログラミングを学べるようにと英国で開発され、2012年から発売が開始されました。
発売当時は、予想以上の人気でなかなか手に入らなかったみたいですよ!
今は入手しやすくて、通信販売でamazonか、国内正規代理店であるRSオンラインで購入することができます。
実店舗販売をしているところは、秋葉原の千石電商さんです! ちなみに私は、千石電商さんのオンラインで購入しました。
都内ですが、注文した次の日には無事届きましたぁ!(^^)!

Raspberry Piは、LAN接続ができないModel Aと、接続できるModel Bがあります。さらに、Model BがパワーアップしたModel B+があります。

実際に私が購入したModel B+を見てみましょうか。どん! Alt text

ほんとに小さいPCが、かわいらしい箱に入っていました。
外箱だけだったら、やっぱりお菓子なのでは??と疑っちゃいそうです。

もう少しよく見てみましょう。 Alt text

ほんとに最低限のものしかついていないですね。そして、お菓子ではなさそうです(´・ω・`)

これでいったいどんなことができるのか?? 次回は、Raspberry Piを実際に動かすには
他に何が必要で、どんな手順なのか。
そんなことについてかきますね(^_-)-☆

Linuxもプログラミングもまったく初心者の私ですが、
世界中のプログラマを夢中にさせているというRaspberry Piの魅力を探り
何か楽しいことをしたいなぁ♪と思っています。

Raspberry Pi、はやく味見したいですよね♡ 次回をお楽しみに~!