Windowsストアアプリ版IEを起動させずに、デスクトップ版IEを起動させる方法

Win8.1には、Webブラウザとして、タッチパネルに適した「Windowsストアアプリ版InternetExplorer」と、従来の「デスクトップ版InternetExlorer」の2つが標準でインストールされています。
みなさんはどちらをよく使いますか?
私はタッチ対応しているSurfaceを使用していても、「Windowsストアアプリ版IE」はいまいち慣れなくて苦手です…
うっかりタイルから開いてしまったらうんざりしちゃうくらい ┐(´~`)┌
見ているWebサイトによっては、「Windowsストアアプリ版IE」ではうまく表示や操作ができないこともあるので、けっこう面倒なんですよね…
そこで今回は、いっそIEを起動するときは、いつでも「デスクトップ版InternetExlorer」が起動する設定を紹介します!


設定方法

1.スタートボタンを右クリック>「ファイル名を指定して実行」に「gpedit.msc」と入力し、ローカルグループポリシーエディターを起動する。
Alt text

2.以下の通り、「インターネットの設定」の「デスクトップのInternet Explorerタイルを開く」のポリシーを開く。
コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windows コンポーネント>Internet Explorer>インターネットの設定>「デスクトップのInternet Explorerタイルを開く」
Alt text

3.下記画面の通り、「有効」にチェックをし、「適用」をクリックする。
Alt text

4.PC再起動後には、InternetExplorerはデスクトップのInternetExplorerだけ開くようになります。


以上です(^^)/