IaaS,PaaS,SaaSとは『Windows女子部 クラウディアさんによるAzure入門』2014.02.13 

先日、Windows女子部の勉強会に参加してきました。 内容は、Windows Azureについて。 勉強会に参加するまで、Windows Azureについて何も知らなかった私にとって、とってもいい機会!3回にわたってしっかり勉強できるし、しかもあのクラウディア先生が講師(´;ω;`)! そもそもクラウドって?Azureってどんなサービス?の疑問がすっきりする内容でした。

そのなかでも、IaaSPaaSSaaSという単語がよくでてきました。 恥ずかしながら、よく耳にするけどなんのことだかわからなかった単語。。。

Windows Asureはこれらの種類のサービスにわかれているようです。 IaaS、PaaS、SaaS。。。の違いが少しわかったので、今回はそれについてまとめていきます。


代表的なクラウドサービス

クラウドサービスは、以下3つのサービスモデルにわけられます。

SaaS (Software as a Service)

SaaSは、グループウェアやCRM(顧客関係管理)といったアプリケーション・ソフトウェアの機能をサービスとして提供するサービスモデルです。 ユーザは手元のサーバやPCにソフトウェアをインストールすることなく、Webブラウザを経由指定各種機能を利用できます。 例えば、Outlook、Bing、Twitter、Dropbox、SkyDrive、Office365などがあります。

★メリット★

  • ハードウェアの調達・設定・運用管理の必要がない。
  • 契約するとすぐに使い始めることができる。

☆デメリット☆

  • 提供されている機能をそのまま利用することが前提のため、利用したい機能が提供されていない場合は不向き。

PaaS(Platform as a Service)

PaaSは、アプリケーションのプラットフォームをサービスとして提供するサービスモデルです。ユーザは、そのプラットフォーム上でアプリケーションを開発し、クラウドに展開します。 SaaSが業務アプリケーションを自由に構築できないのに対して、PaaSはプラットフォームのメンテナンスコストを削減しつつ新規開発や従来の開発手法の継承も実現できます。 例えば、AmazonのAmazon EC2、GoogleのGAEなどがあります。

★メリット★

・新規およびハードウェア故障時のOSインストールの自動化。 ・OSメンテナンスの自動化。 ・以前のOSバージョン(パッチレベル)へのロールバックが可能。 ・アプリケーションに影響を与えないサービスのスケール変更が可能。

☆デメリット☆

・既存システムを移行させる場合は、そのプラットフォーム上でうまくアプリケーションが動作するのか検証が必要。 ・それぞれのPaaSがサポートしている開発言語が異なる。

IaaS (Infrastructure as a Service)

Iaasは、インフラストラクチャーをサービスとして提供するサービスモデルです。 ユーザが提供されたハードウェア(仮想サーバ)上に好きなプラットフォーム(OS/ミドルウェア)やソフトを用意し、管理することができます。

★メリット★

・オンプレミスにおけるインフラの考え方と似ている。 ・比較的簡単に移行できる。

☆デメリット☆

・プラットフォームの障害修正やサービスパックの適用、セキュリティ設定などがすべてユーザに一任されている。

以上、3つのクラウドサービスモデルの違いについて、伝わったでしょうか?

オンプレミス(自前サーバ)がハードウェアの準備~構築・運用までぜんぶ自分でやらなくてはならないのに対して、各クラウドサービスモデルは、どこの部分を自分で用意するのか? 図にするとこんな感じです。 ↓(”まる”が自分で用意するもの) Alt text

「自分で用意する」=「自分で自由にいじることができる」とも言えるので、 利用する側が、どこまでいじりたいかによって、どのクラウドサービスを利用するか選択することになります。

ではWindows AzureのIaaSやPaaSってどんなの?というのは、これから勉強します。

今日はここまで、今晩も勉強会にいってきます。 Azure入門キ・ホ・ンのホ!もう少し深い話になるかなぁ~?わくわく。

第6回Win女子部勉強会【プレゼンの極意】2012.8.26

(´・ω・`){ ビックデータについてのお話と2本立てだった、【プレゼンの極意】のまとめ(メモ書き)です。

プレゼン上手になりたいな。この【プレゼンの極意】を聞いてからは、他の人のプレゼンも、内容だけでなく、意識してみるようになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①いいプレゼンとは?

どんな相手・場所・内容であっても、

相手が納得し、理解し、「また聞きたい」と思ってくれるプレゼン。

②今すぐやるべきこと・できること

・自分が他の人からどう見えるか認識する→自分を客観視する

・自分を他人にどう見せたいか意識する→セルフプロデュース

→プレゼンは「生き様」。普段から意識してなければ、本番はその通りにいかない!

③今日から練習

・まっすぐ立つ、きちんと座る

・はっきり話す、自分から話す

・ミーティングで全員に視線をくばる

・丁寧な言葉を使って相手の反応をみてみる

④プレゼン当日までの過ごしかた

・隙間時間はとにかくプレゼンに関することばかり考える(アイスブレイク、プレゼン中のコメント、立ち姿のイメージでもなんでも)

・気分は常にリハーサル

→そうすることによって、例えば社内の上司やお客さんにばったり会った時の軽い話題にもなる。

(ここで、ジョブズのエレベーターで社員をクビにした話がでる)

・使う言葉はライブラリ化する→アドリブは決めごとがあってできること

⑤スライド構成

・ビジョンを決める

・自分を主にすると失敗しやすいので、相手に+αを与えることを意識する

・プレゼンする相手の人数によって構成を変える

・覚えてほしいことは連呼する、わかりやすいたとえ話にする

・スライドのフォントは26pt以上

⑥そのほか

・デモが止まってしまった時、話とアクションをとめない!

→沈黙はオーディエンスが損した気になる。

→デモのバックアップを準備しておくのもテ。例えは、デモが止まった時用に流すムービーを準備

・プレゼンの締め方として、次の行動を相手に渡すように、提案するようにする。

→私は~こう考えます。では、今度はあなたたちが考えるばんです。みたいな

第6回Win女子部勉強会【マイクロソフトの考えるビッグデータ】2012.8.26

(´・ω・`){ だいぶ前に、はじめてWin女子部勉強会に参加したときのまとめ(メモ書き)です。

日本マイクロソフト株式会社 クラウド&ソリューションビジネス統括本部 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長の澤 円 さんの講演でした。

★講演テーマ★マイクロソフトの考えるビッグデータ 澤円氏に聴く、競合に打ち勝つためのプレゼンの極意

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【マイクロソフトの考えるビッグデータ】

①IT環境の変化

今は昔、データは入力するものだった。しかし…

・今やデータは「無意識に」「際限なく」入力される。

→twitterでつぶやく、Suicaを使う(ちなみにSuicaの中身はWindowsだということをはじめて知った!)、カーナビを使う、などなど、行為が結果的にデータ入力になる。

・今やデータは「無秩序」に扱われる。

→誰かのツイートが数時間で炎上するなど。

☆圧倒的なデータ量、ユーザ数、デバイス数、スピード!!

②ビッグデータ

ではビッグデータとはどんな風に活用されている?

・お客様の行動、嗜好

・将来の予測

→例えばamazonのshopping、今までだったらアンケートをとらなければわからないようなコトをよみとる。

☆トレーサビリティ。トレースされやすく、トレースすることを良しとされるようになってきた。

会社で活用する際に大切なことは?

・まず、社外データと社内データの2つに分けられるが…

●社外データ

・Research・Market・Social・3rd Party Web・Org・Blog

●社内データ

・CRM・HR・Budget・Web・Sales・Campaign

どうしても社外データのSocialにかたよりやすい。実際に注目すべきは社内データである!

→なぜなら、社内システムがすべてシングルサインオンでないことが多く、社内の様々なデータはバラバラであり、データをちゃんと利用することが難しい状態だから。

☆組織内でのデータと社外データをひもづけることが大事!

多様性・連続性・大容量のデータから分析する

③Microsoftは何ができる?  ”A PC on every desktop and in every home”

バックエンドシステムとユーザインターフェースで考える

・UIの返還〔 DOS GUI INTERNET CLIENT+CLOUD NUI 〕

・NUI(ナチュラルユーザインターフェイス)・・・体の動きで操作する

☆The Kinect Effect

→例えば、お店で特定の棚にお客が手をのばす回数をデータ化し、マーケティングに役立てる。

人の手をかえさず勝手にデータされる、まさにビッグデータの入り口!

・UIの話つながりで、Windows8についても。

・Windows8

→タッチ操作、クラウド接続、マウス・キーボードのフルサポート、Officeアプリ・Windows7対応アプリの利用

・Windows to go

→Windows8をUSBメモリで持ち歩く。

Windows7PCでWindows8をUSBメモリからブートするデモがあった。PCに過剰投資しなくてよいし、セキュリティも◎!

・パブリッククラウドの経験を活用

・バックエンド、クラウドに大事なことは、人がいなくていいシステムにすること!

→ここでファーストサーバのデータ消失事件に例がでる…

☆非生産的なオペレーションよりも、お金を生み出すナレッジやプランに力をいれよう

オートメーション化して人は楽になろう